1. トップ
  2. 漢方インタビュー

漢方の専門家に聞く 漢方インタビュー

世界的に「抗がん漢方」を拓いた医師の新年と奇跡を語る。がんと闘うすべての人に生きえる勇気と希望を伝えたい!

漢方医療(中医療)と西洋医学を結合させた中西医結合医療でがん治療を実践している王振国医師(北京振国中西医結合腫瘍病院院長)が、日本において書籍『がんを治す新漢方療法』を著してmこれまで5万部を突破するろんぐせらーとなっています。自ら開発した「天仙液」は、中国国家衛生部(日本の厚生労働省に相当)から抗がん漢方薬として初めて認可され、いまや世界的に広く認められています。来日された折に、王院長に執筆の動機から背景、漢方がん治療、抗がん漢方のことまでを聞きました。

がんと闘うすべての人に生きる勇気と喜びを伝えたい

■『がんを治す新漢方療法』を出版した目的は?

「がん専門医としていちばん戸惑っているのは、がん治療の大きな"壁"です。がん治療には手術、放射線治療、化学療法の標準治療以外に方法がないという考え方です。それを越えることで、がん患者さんに新たな希望を与えられると思います。私は35年間、副作用がなくバイオテクノロジーを加えた標準治療以外の新たな漢方療法によるがん治療に力を注いでいます。この本に書かれている新たながん治療の紹介によって、より多くの方が救われることを願っております」

■標準治療では不十分なのですか?

「日本の有名な医師もおっしゃっていますが、標準治療では延命効果がうすく、副作用が強いという点があります。がん細胞だけでなく、健康な細胞も殺傷します。自分の研究過程を振り返った時に、手術、放射線療法、化学療法はある程度の効果はあるが、根本的な治癒は出来ないと感じました。そのため生存率が低く、再発が多い」

■漢方だとそれを乗り越えられる?

「私の療法は、西洋医学のよいところと漢方医学(中医学)を取り入れ、漢方療法を中心とした中西医結合医療です。天仙液を使うことで生存率が高くなり、再発も低くなります。脱毛や嘔吐などの副作用もありません。臨床でも高い効果が実証されています」

■天仙液とはどんな薬ですか?

「天仙液は20種類以上の生薬成分から作られています。"薬草の多くはご楽草の宝庫""漢方の故郷"として有名な私の出身地である吉林省の長白山で採取しています。微量元素が含まれているので、生薬の質が大変高いのです。天仙液は、予防でも治療でも、リハビリでも大きな良い作用をもたらします。世界30カ国以上で利用され、中国はもとより欧米、日本、アジアなどで行われた多くの臨床試験や科学的分析のデータがあります」

■日本でもっと広く伝えたい?

「多くの医師が新たな方法による治療を考えていないのも現状です。標準治療しか行わないケースが多い。日本では代替療法を信じてもらえないという現状もあります。それがこの本を出版した大きな原因となっています。世界の医師が簡単にがんの患者さんを見過ごしてしまうとか、放棄してしまうべきではないと言うことを呼びかけたいんです。積極的に患者さんのために様々な方法を模索すべきです。そして新しい技術や新しい薬によって治療に当たるべきです」

■特に伝えたいメッセージは?

同時に患者さんの考え方も変えるべきだと思います。永年のがん治療の中で10万人ぐらいの患者さんを見てきましたが、死を恐れることでなかなか治療効果が上がらないのが現状です。勇気や希望を持ってがん治療に臨んでいる人が延命効果を得てがんに勝ち抜いているのも事実です。がん=死であると絶対考えるべきではありません。そうではないということを信じてもらいたいですね」

孫医師の顔写真

▲熱く、がん治療への情熱を語る王院長「日本の医師、患者さんに読んで欲しい」

■著者紹介
王振国(おう・しんこく)
1954年、中国吉林省生まれ。1975年、吉林省通化市衛生学校(医師学校)卒業。 1983年「天仙丸」を研究開発し、1888年に中国政府より医薬品の「がん治療薬剤」(抗がん漢方薬)の認定を受ける。その後、より作用の高い抗がん漢方薬「天仙液」を香港の製薬会社と共同開発し、世界的に注目を高める。中国十代傑出青年選出、世界個人研究最高発明賞、ベルギー王国栄誉勲章、アメリカ抗癌薬大賞などを受賞。世界各地での講演や研究論文も多数。現在、吉林省通化長白山薬物研究所所長、北京振国中西医結合腫瘍病院院長、中国抗癌基金協会調部副主任、国際癌病康復協会会長などとして世界中で活躍中。

■書籍紹介
改訂版『がんを治す新漢方療法』

世界的な「抗がん漢方」を開いた王振国医師が、貧しい農村の少年から医師となり、天仙液を開発する苦節、挫折、絶望から成功までの紆余曲折と、それが世界各地で注目され膨大な臨床試験が行われ認められまでの経緯がリアルに、そして淡々と描かれている。現代のがん治療の問題点も浮き彫りにされている。がん治療をあきらめないでと説く王医師のメッセージは、患者にも医師にも新たな感動が伝わってくる。