症状別/漢方薬ガイド
うつ病

漢方での診断と処方

漢方では、うつ病は「瘀血」「気うつ」「気虚」などと関連する症状と考えられ、証や随伴(他の症状が伴う)症状にあわせて、駆瘀血剤、気剤(柴胡剤)などが処方されます。しかし、まずは医師の処方する西洋医薬の抗うつ薬の上手な使用が先決です。

よく用いられる漢方薬

【実証】

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうぼれいとう)

みぞおちから右脇腹に抵抗・圧痛がある人に用いられます。

大承気湯(だいじょうきとう)

へその周辺がかたく、膨満感があり、便秘がちの人に用いられます。

女神散(にょしんさん)

のぼせ、めまいなどの症状がある人に用いられます。

【虚実間証】

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

のどや食道の異物感、めまい、吐き気・嘔吐などのある人に用いられます。

【虚証】

加味帰脾湯(かみきひとう)

顔色が悪く、貧血ぎみ、不安、動悸、不眠などの症状がある人に用いられます。

香蘇散(こうそさん)

胃腸が弱く、食欲不振、不安、不眠、頭痛などの症状かある人に用いられます。

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

冷え症、貧血、神経過敏、動悸、息切れなどの症状がある人に用いられます。

※【実証】【虚実間証】【虚証】について詳しくはこちら