症状別/漢方薬ガイド
不妊症

不妊症のイラスト

漢方での診断と処方

主に子宮や卵巣の発育不全、冷え症、瘀血(血が滞っている状態)などの症状を改善します。原因が明らかでない場合にも用いられます。

よく用いられる漢方薬

【実証】

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

下腹部の抵抗感と圧痛、のぼせ、月経不順、頭痛、めまいなどの症状がある人に用います。

【虚実間証】

加味逍遙散(かみしょうようさん)

疲労感、不眠、不安、イライラなどの症状がある人に。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

下腹部の抵抗感と圧痛、赤ら顔、冷え、のぼせ、肩こり、頭痛、めまい、動悸などの症状かある人に。

五積散(ごしゃくさん)

胃腸虚弱、寒さや湿気による腰痛・関節痛・下腹部痛がある人に。

【虚証】

温経湯(おんけいとう)

口の渇き、下腹部の冷え、手のひらのほてりなどかある人に。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

貧血、冷え、頭痛、めまい、肩こりなどの症状がある人に。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

倦怠感、冷え、しびれ、口の渇き、腰痛などのある男性に。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

胃腸虚弱、頭痛、寒け、寝汗、貧血などのある男性に用います。

人参湯(にんじんとう)

冷え症、尿量減少、食欲不振、下痢、腹痛などのある男性に。

※【実証】【虚実間証】【虚証】について詳しくはこちら