症状別/漢方薬ガイド
気管支炎

気管支炎のイラスト

漢方での診断と処方

一般的に、「かぜには葛根湯」と思われがちですが、葛根湯は、かぜの初期やある程度体力のある人に向く処方で、すべての人に適しているわけではありません。その人の証、症状に合った処方を選択する必要があります。

とくに高齢者や高血圧、狭心症、心筋梗塞など循環器の病気がある人には、発作を誘発するおそれがあるため、葛根湯や麻黄湯など麻黄の入った薬剤が使えないことがあるので、必ず医師に相談してください。これらとほかの薬剤を併用するときにも、同様の注意が必要です。

よく用いられる漢方薬

【虚実不問(証にかかわらず)】

升麻葛根湯(しょうまかっこんとう)

発熱、寒け、頭痛などがある、かぜの初期に用いられます。

【実証】

葛根湯(かっこんとう)

かぜの初期、くびから肩、背中にかけてこる、脈に力がある、胃腸がじょうぶで下痢がなく、汗があまり出ない人に用いられます。

麻黄湯(まおうとう)

かぜの初期、頭痛、発熱、寒け、節々の痛み、発汗がない、鼻づまり、喘鳴(呼吸がゼーゼーいう)などの症状がある人に用いられます。

【虚実間証】

黄芩湯(おうごんとう)

寒け、発熱、下痢、腹痛などの症状の、かぜによる胃腸炎に用いられます。

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

胸脇苦満、微熱、寒け、節々の痛みなどの症状がある人に用いられます。

柴朴湯(さいぼくとう)

気分かふさぎがち、食欲不振、全身倦怠感、のどや食道に異物感を覚えるなどの症状がある人に用いられます。

小柴胡湯(しょうさいことう)

かぜが長引き、胸脇苦満(みぞおちから脇腹のつかえ感)、全身倦怠感、食欲不振、吐き気、せきなどの症状がある人に用いられます。

【虚証】

桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)

頭痛、発熱、寒け、寝汗などのある人に用いられます。

桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)

頭痛、発熱、寒けのほか、肩こりなどの症状がある人に用いられます。

桂枝湯(けいしとう)

頭痛、発熱、寒け、関節痛などがあり、自然発汗がある人に用いられます。

香蘇散(こうそさん)

胃腸虚弱、頭痛、めまい、発熱、不安、不眠、吐き気、耳鳴り、胃内停水などのある人に用いられます。

参蘇飲(じんそいん)

微熱、軽い頭痛、せき、たん、鼻づまり、寒け、胃部のつかえ感などがある人に用いられます。

真武湯(しんぶとう)

全身倦怠感、手足の冷感、下痢、腹痛などの症状がある人に。

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)

微熱、寒け、頭痛、めまい、手足の冷え、全身倦怠感、鼻水、せき、たんなどの症状かある人に用いられます。

※【実証】【虚実間証】【虚証】について詳しくはこちら