1. トップ
  2. 症状別/漢方薬ガイド
  3. 関節リュウマチ

症状別/漢方薬ガイド
関節リュウマチ

関節リュウマチのイラスト

漢方での診断と処方

病気の進行の程度に応じて、西洋医薬と併用して漢方処方が用いられます。副作用を軽減したり、西洋医薬の使用量を少なくしたりできることもあります。病状に応じて漢方薬を使い分けていきますが、専門医によく相談する必要があります。

よく用いられる漢方薬

【実証】

越婢加朮湯(えつぴかじゅつとう)

むくみ、口の渇き、多汗、尿の出が悪い、せきや喘鳴、手足の関節の腫れや痛みなどの症状がある人に用いられます。

葛根湯(かっこんとう)

自然発汗が少なく、頭痛、発熱、肩こり、下痢などの症状かある人に用いられます。高血圧、心臓病の人は使用できません。

薏苡仁湯(よくいにんとう)

手足の関節や筋肉の慢性的な痛みや腫れ、熱っぽい、だるいなどの症状がある人に用いられます。

【虚実間証】

柴苓湯(さいれいとう)

吐き気、食欲不振、のどの渇き、むくみなどに用いられます。

【虚証】

桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)

手足に冷えがある人の朝の手指のこわばり、手足の関節の痛みやむくみに用いられます。

桂芍知母湯(けいしゃくちもとう)

頭痛、めまい、吐き気などの症状がある人の関節の痛み・膨れに用いられます。

疎経活血湯(そけいかっけつとう)

腰から足にかけての筋肉・関節・神経の痛みに用いられます。

大防風湯(だいぼうふうとう)

曲げたり伸ばしたりするのか困難な場合の関節の腫れや痛みに用いられます。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

水ぶとり、むくみがあって汗をかきやすい、全身倦怠感などの症状かある人の関節の腫れや痛みに用いられます。

※【実証】【虚実間証】【虚証】について詳しくはこちら