症状別/漢方薬ガイド
慢性膀胱炎

慢性膀胱炎のイラスト

漢方での診断と処方

症状の強いときは、抗生物質による冶療が優先されます。漢方は、軽症時や体力回復、免疫機能の亢進に用いられます。

よく用いられる漢方薬

【虚実不問(証にかかわらず)】

五苓散(ごれいさん)

口の渇き、尿量減少、吐き気・嘔吐、腹痛、下痢などの症状がある人に用いられます。

【虚実間証】

五淋散(ごりんさん)

頻尿、排尿痛、残尿感、尿混濁などの症状かある人に用いられます。

猪苓湯(ちょれいとう)

口の渇き、排尿痛、下半身のむくみなどのある人に用いられます。

猪苓湯合四物湯(ちょれいとうごうしもつとう)

口の渇き、皮膚の色つやが悪いなどの症状がある人に用いられます。

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

下腹部か緊張しやすい人の排尿痛などに用いられます。

【虚証】

清心蓮子飲(せいしんれんしいん)

冷え、全身倦怠感、口や舌の渇きなどの症状がある人に用いられます。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

倦怠感、手足の冷え・ほてり・しびれ感、口の渇き、腰痛などの症状がある人に用いられます。

※【実証】【虚実間証】【虚証】について詳しくはこちら