症状別/漢方薬ガイド
糖尿病

糖尿病のイラスト

漢方での診断と処方

漢方薬単独では十分な治療は不可能で、まず十分な血糖値のコントロールが必要です。糖尿病は、漢方を西洋医学治療との併用療法として、おもに自覚症状の改善と合併症予防のために用います。実証、虚証といった体質のうえに、口の渇き、多尿、からだがほてる、むくみ、しびれなどの症状に合わせて処方を選びます。

よく用いられる漢方薬

【虚実不問(証にかかわらず)】

五苓散(ごれいさん)

のどの渇き、尿量減少、むくみなどの症状かある人に。

【実証】

大柴胡湯(だいさいことう)

胸脇苦満(みぞおちから脇腹の抵抗感・圧痛)、便秘、下痢、吐き気・嘔吐などの症状がある人に。

白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)

のどの渇き、多汗、多尿などの症状がある人に。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

脂肪ぶとり、便秘、尿量減少、胸やけなどの症状がある人に。

【虚実間証】

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

瘀血(血液が滞っている状態)、頭痛、肩こり、のぼせなどの症状かある人に用いられます。

【虚証】

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

下半身の脱力感・しびれなどかある糖尿病性神経障害に。

四君子湯(しくんしとう)

やせて顔色か悪く、疲れやすい、貧血、食欲不振、胃もたれなどの症状かある人に用いられます。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

疲労感、冷え、排尿困難、残尿感、口の渇きなどの症状がある人に用いられます。

六味丸(ろくみがん)

下半身の脱力感、冷え、しびれ、耳鳴りなどの症状がある人に。

※【実証】【虚実間証】【虚証】について詳しくはこちら